2017年05月12日

臨時休館のお知らせ

5月16日(火)は休館いたします。

17日からは平常通り開館いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 library : 2017年05月12日 | コメント (0)

2017年05月08日

就活応援BOOK

5月の資料展示は、6月から始まる就活戦線を応援する本をご用意しました。

就活待ったなしの大学4年生と短期大学の2年生はもちろん、その姿を見て少しそわそわしている3年生、まだまだ気楽な2年生、入学したばかりで右も左もな1年生にも、それぞれ読んでおいてほしい本があります。

即実践の4年生&短大の2年生には

『面接トレーニング』『就活メーク』『敬語と話し方』『ビジネスへの日本語』『ゼロから教えてビジネスマナー』『ケースで学ぶビジネスの基礎』

そわそわ3年生には

『就活の神さま』『大学キャリアセンターのぶっちゃけ話』『「音大卒」は武器になる』『「音大卒」の戦い方』

お気楽2年生には

『督促OL修行日記』『若者はなぜ「就職」できなくなったのか?』『成長するものだけが生き残る』『職業とは何か』

右往左往1年生には

『大学生のためのアルバイト・就活トラブル』『ローカル仕事図鑑』『新幹線お掃除の天使たち』『島耕作シリーズ』

『仕事』『働く』ということへのイメージは、この時期まだまだぼやんもやんで当然です。

特に就職活動目前の方は、まずは内定をいただくことに一生懸命にならなければいけませんよね。でも、それもその先の未来への一歩にすぎません。その一歩を踏み出す前に、こんな仕事があるんだ、こんなことが必要になるんだと、少しずつ戦うカードを増やしておきましょう。

備えあれば憂いなし。カードは多いほど有利です。

実践的な問題集などはC棟1階の就職支援室にあります。先生方がいつでも熱く厚く相談に応じてくださいますので、こちらも是非是非ご活用ください。

投稿者 library : 2017年05月08日 | コメント (0)

2017年04月26日

教科書販売について

今週28日金曜日にて、図書館での教科書販売を終了します。

これまでに注文した方で、まだ受け取りに来ていない人は必ず今週中に受け取りに来てください。

5月1日以降の注文は一切お受けいたしません。

また、図書館で一般書籍が買えると思っている方が時々いらっしゃいますが、買えません。この時期以外は、教科書も買えません。教科書は、図書館に所蔵しているとは限りません。

教科書が必要な方は必ず今週28日17時までに、購入してください。

投稿者 library : 2017年04月26日 | コメント (0)

2017年04月18日

開館時間の変更について

今週17日から、平日は通常通り18:30まで開館します。

17時以降は、山口学芸大学と山口芸術短期大学の学生さんが図書館を手伝ってくれています。

毎年、応募があるかどうか心配なのですが、今年も明るく(明るすぎる?)しっかりした子たちが集まってくれて、司書は安心しました。

昨年からの経験者も含め、新しい方も、1年間、どうぞよろしくお願いします。

なお、教科書販売は、17時以降は出来ません。お気を付けください。

投稿者 library : 2017年04月18日 | コメント (0)

2017年04月10日

山口市立図書館との相互返却がはじまります

4月から、山口市立図書館で借りた本が、山口学芸大学・山口芸術短期大学図書館で返却できるようになりました。また、大学で借りた本を山口市立図書館で返すこともできます。

手続きは特に必要ありません。山口市立図書館の利用登録をされている方ならいつでも利用できます。

注意点は一つだけ。

それぞれの図書館のカウンターで返却してください。

*ブックポストには入れないでください。

山口市立図書館は、山口学芸大学、山口芸術短期大学の学生、教職員は利用登録できますので、市外から通勤・通学されている方、市内に住んでいるけれどまだ利用登録していない方は、是非ご登録のうえ、ご利用ください。

*登録の際は、学生証や身分証明書が必要となりますので必ずお持ちください。

中央図書館は、市の中心部、山口情報芸術センター内にあります。情報芸術センターでは、様々な演劇、ライブ、公演、映画などの催しも多く開かれています。図書館でも読み聞かせや映画上映などが毎週行われています。

大学から一番近いのは、小郡図書館です。宮脇書店の向かい側、小郡郵便局の少し奥にSLがありますが、その斜め向かいにあります。絵本の読み聞かせやいろいろな読書会イベントが行われています。

阿知須、阿東、徳地、秋穂の図書館もすべて利用できます。地域の図書館を巡ってみるのも面白いですよ。

市立図書館の休館日やイベントはこちらのHPでご確認ください。

http://www.lib-yama.jp/index.html

投稿者 library : 2017年04月10日 | コメント (0)

2017年04月06日

大学生活応援BOOK

4月になりました。

新しく入学された方、無事進級された方、一人暮らしを始められた方。3月と4月で生活が変わったという方も多いのではないでしょうか。

図書館では、初めての大学生活を応援する本をカウンター横に揃えました。講義の受け方、勉強の仕方、レポートの書き方、いきなり全部読んでもパンクしてしまいそうですが、必要な時に必要なものをご利用ください。

また、一人暮らしを始めた方のために、料理本、冷凍保存の仕方などの生活に役立つ本もあります。

【オススメ本】

『大学生 学びのハンドブック』

『大学生のリスク・マネジメント』

『ひとりぶんのおうちご飯』

『冷凍保存のきほん』

新しい生活で体調をくずさないように、ごはんだけはしっかり食べてくださいね。

投稿者 library : 2017年04月06日 | コメント (0)

2017年02月17日

長期休館のお知らせ【2/20~3/10】

2月20日から3月10日まで、蔵書点検のため閉館いたします。

鍵は開いておりますが、閲覧・貸出・返却等、一切のご利用は出来ません。

パソコン、コピー、DVD・CD視聴コーナーの利用も出来ません。

電気も点いていますし、鍵も開いておりますが、入館は出来ません。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

本棚の間に挟まるように作業しておりますので、ご用の方はお声かけをお願いいたします。


【他大学図書館・公共図書館の方へ】

文献複写・相互貸借は、通常通りお受けしております。数日お時間を頂くかもしれませんが、ご了承ください。

投稿者 library : 2017年02月17日 | コメント (0)

2017年01月20日

リクエスト図書、入りました

「小説を入れてほしい」とのご意見、ありがとうございました。

賞をとったような小説、との要望もありましたので、今回は受賞作を中心に揃えてみたのですが、いかがでしょうか。

『羊と鋼の森』(宮下奈都):2016年「本屋大賞」1位、「キノベス!」1位、2015年「ブランチブックアワード」大賞の三冠達成。調律師を題材にした小説。

『世界の果ての子どもたち』(中脇初枝):2016年「本屋大賞」3位。満州で出会った3人の少女、のちに中国残留邦人、在日朝鮮人、戦争孤児となる3人の戦中・戦後の物語。

『神の値段』(一色さゆり):2016年「このミステリーがすごい!大賞」大賞。アートを扱う画廊を舞台にしたミステリー。

『流』(東山彰良):2015年「直木賞」、2016年「本屋大賞」8位。大陸から台湾、そして日本へ。一家が辿る流浪と決断の物語。台湾生まれ日本育ちの著者だからこそ描ける「台湾」の姿。

『コンビニ人間』(村田沙耶香):2016年「芥川賞」。ひたすらにコンビニという世界に生きる主人公。「普通」から弾かれた人間と「普通」の人間の違いは何なのか。あなたは、主人公を理解できる?理解できない?

『何者』(朝井リョウ):2012年「直木賞」。大学生の「就活」そして「SNS」、俯瞰しているつもりがいつの間にか正面からグサリと来る、就活前後に読んでほしい小説。

『さよならドビュッシー』『おやすみラフマニノフ』『いつまでもショパン』(中山七里):2009年「このミステリーがすごい!大賞」大賞。見えない・聞えない音楽を描写する文字の力を感じるシリーズ。

『アンマーとぼくら』(有川浩):「図書館戦争」等、人気作品が多い著者の新刊。かりゆし58の「アンマー」をモチーフにした「家族」の物語。

『かわいい結婚』(山内マリコ):家事嫌いの無気力主婦、女になってしまった男性のドタバタ、男女間の「見えないルール」やギャップをコミカルに描く小説集。

その他にも、伊藤博文暗殺のその日から葬儀など、当時の新聞記事・写真を網羅した研究書「伊藤博文公の最期」、「中国の音楽文化」、「和食の英語表現事典」、「宇宙のつくり方」、「COSMOS」等、新刊が入りました。

図書館に入ってすぐ、カウンター横にありますのでご覧下さい。

投稿者 library : 2017年01月20日 | コメント (0)

2017年01月12日

リクエスト図書が入りました

新年を迎えたからというわけではありませんが、図書館にも新刊を迎えました。

12月にリクエスト頂いていた図書が入りました。

『子どもが育つ魔法の言葉』

『3びきのかわいいオオカミ』

『おてがみください』

『八重子のハミング』

『学問のしくみ事典』

『教員を目指す君たちに受けさせたい論作文講座』

『教員を目指す君たちに受けさせたい面接試験対策講座』

そしてお問い合わせいただいた時にはなかった【しりとり絵本】

『どうぶつしりとりえほん』

『十二支のしりとりえほん』

『しりとりしましょ!たべものあいうえお』

『おえかきしりとり』

図書館に入ってすぐ右側にありますので、どうぞご覧ください。

オススメは『おえかきしりとり』、4人の絵本作家の絵で続いて行くしりとりはみているだけで楽しい、そして実際に声に出してしりとりするともっと楽しいはず。なにしろ絵が個性的で「そうくるか」と思わず笑いがでるものも。どんな言葉が続くのか是非読んでみてください。

障害児教育関連図書や、道徳教育関連の図書も合わせて70冊ほど入りました。こちらは、コピー機横の新刊コーナーにあります。ご利用ください。

投稿者 library : 2017年01月12日 | コメント (0)

2016年12月22日

ML連携展、最終日は12時までです。

山口学芸大学・山口芸術短期大学図書館 山口県ML連携特別展「こころをはぐくむ」

展示: くつした人形としかけ絵本、親子の絵本

日時: 11月1日~12月26日(土日祝日休館)

時間: 9時~17時 *最終日26日は12時まで

場所: A棟2階展示室

*校舎建設中のため駐車場が狭くなっております。なるべく公共交通機関をご利用ください。


当館のML連携展は来週26日で終了します。26日は、12時までの展示となりますので、ご来館の際はお気を付けください。


投稿者 library : 2016年12月22日 | コメント (0)