« 2014年07月 | メイン | 2014年12月 »

2014年09月28日

読書の秋ということで

さわやかな秋晴れが続いていますね。
遊びや実習、就活に飛び回った夏が過ぎ、いつの間にか高くなった空を見上げてほっこりしてしまうこの季節。
食欲の秋、スポーツの秋と並んで言われるのが「読書の秋」。
正直読書は季節を選ばないし~と思うのですが、昔は秋によく出版されてたんでしょうか?
それとも夏疲れの解消に寝転がって本でも読もうか~という先人が多かったのでしょうか?

ともあれ読書の秋ということで、来月は読書イベントが市内でも多く開催されます。

まずは山口大学総合図書館。
10月4日、第2回山口大学ホームカミングデーでビブリオバトルが開催されます。
http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/news/2014/0828.html

「全国大学ビブリオバトル~京都決戦~」
http://zenkoku14.bibliobattle.jp/

山口大学総合図書館で行われるのはその山口予選会。
山口大学だけでなく近隣の大学生なら出場OKのようです。

ビブリオバトルというのは自分のオススメ本を5分間、自分の言葉だけで観客に紹介する「書評合戦」!
ただただ面白いんだ!役に立つんだ!といくら叫んでも「なにが」「どう」面白いのか役に立つのか、それを読んでいない人には分かりませんよね。
それを5分で、しかもレジュメやモニターも使わず説明するプレゼンテーション。
一番「読みたい」と思わせた者が勝者となりますが、これはただ勝ち負けのみを競う書評合戦にとどまらず、自分の言葉で思いを伝える知的かつ能動的なゲームです。

同じ年頃の学生がどんな言葉を武器にバトルを繰り広げるのか、観るだけでも面白そうです。


同じ10月4日。
山口読書ネットワークフォーラムが山口県総合保健会館で開催されます。
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a50400/3/forum/forum.html

児童文学作家であり詩人でもあるねじめ正一さんの講演や、学校図書館や読書ボランティアの活動について紹介やトークセッションがあるようです。
また読み聞かせやビブリオバトルの実演もありますので、幼稚園教諭・保育士・小学校教員を目指している方にはとても参考になるのではないでしょうか。


10月5日には、山口市立中央図書館にて「読みあいワークショップ」が開催されます。
http://www.lib-yama.jp/news/news140830.html
講師は児童文学作家の村中李衣さん。
二人一組でペアとなり、1冊の絵本を読みあうワークショップです。
ペアの相手は初めて会う人かもしれません。
年齢も性別も違う二人が、お互いのために心を込めて絵本を読む、これが実に癒されるといいます。
なるほど、大人になると本を読んでもらう機会などまるでありませんし、まして絵本を読んでもらう機会なんて本当になくなります。
プロの朗読ではない優しい「読みあい」。

秋の午後、日常では出会うこともない二人が、1冊の本を間に共に過ごす、そんな週末も素敵ですね。

一人で読書も楽しいし、みんなで読書もまた愉しい。
いろいろな楽しさを味わえる秋になりますように。

山口大学総合図書館のビブリオバトルのエントリーが10月2日まで延長されたようです。
間に合わないからと諦めていた方は是非ご参加を!

投稿者 geitanadmin : 10:15