<授業の様子>空間芸術表現演習 中間発表会

2018.07.26

空間芸術表現演習は、舞台構成の基本的な要素を学ぶことを目的に、1・2年生合同で一つの舞台を作り上げていく授業です。

2018年7月19日(木)に前期の活動報告として中間発表会が行われ、太鼓班、よさこい班、服飾班、映像班が今までの成果を発表しました。

太鼓班とよさこい班による演技は、迫力があり印象に残りました。
服飾班は、太鼓班とよさこい班の衣装とメイクを担当しており、太鼓班とよさこい班のそれぞれの良さが引き立つデザインとなっていました。
映像、プロジェクションマッピング、照明、効果音などもイメージが固まってきています。

授業を履修していない多くの学生も発表会の見学に来ていました。

後期も引き続き、学生が中心となり、より良いものを協力し作り上げてゆきます。

広報班より

よさこいの様子:キレのある踊りがとても格好良いです。

よさこいの様子:キレのある踊りがとても格好良いです。

舞台衣装:太鼓班やよさこい班が衣装を着た姿を早く見てみたいです。

舞台衣装:太鼓班やよさこい班が衣装を着た姿を早く見てみたいです。

照明も自分たちで行います。

照明も自分たちで行います。