<授業紹介>生活文化と造形Ⅱ (ガラス工芸)

2019.11.05

芸術表現学科2年生の後期には、芸術文化を学ぶ授業として生活文化と造形Ⅱ(ガラス工芸)を開講しています。
この日は、ガラス表面に研磨剤を吹きつけて模様を描く「サンドブラスト」の実習。
絵柄を転写したシートをガラスに張り、絵柄を彫り、研磨剤を吹き付けてシートを剥がせば完成!
細かな作業には根気が必要ですが、ひとつひとつ作品が出来上がると達成感がありますね。