(株)ブラケアジェネティクスと産学連携協定を締結しました

2016.12.07

 12月7日(水)、山口学芸大学・山口芸術短期大学は、株式会社ブラケアジェネティクスと産学連携協定を結び、本学会議室にて締結式を行いました。
 この協定は、下関市に本社を置く株式会社ブラケアジェネティクスと本学が、相互の協力と連携により、学術・芸術及び産業と文化の振興を図ることを目的に、共同事業、人材交流、人材育成等を推進していくことをめざしています。
 締結式では、株式会社ブラケアジェネティクスの並木幸久代表取締役社長と、本学、加屋野洋学長が協定書に署名。「本社は女性の健康を科学し、女性の健康管理を補助する会社です。ビックデータを分析することで、女性のヘルスケア情報を研究開発しています。インターンシップ学生の受け入れ等、多方面で交流ができると期待しています。」と述べる並木社長に対して、加屋野学長も「本学は女子学生の多い大学なので、女性の健康に関して種々の取り組みをされている御社と協力関係を結べたことは大変意義深く、今後の可能性を感じます。」と語りました。
 今後は双方のリソースを活用し、中長期のインターンシップの実施、本学の芸術力、デザイン力を活かした各種イベントの開催への協賛、特別講義の提供、企業紹介や健康遺伝子キットの無償提供等、さまざまな取り組みが予定されています。

 ※12月17日(土)に本学にて開催される「音と映像のコラボレーション ―聖なるクリスマス―」において、(株)ブラケアジェネティクスより女性の健康管理に関する「遺伝子検査キット」の紹介と無償配布を予定しています。(先着50人分)
(注:遺伝子検査キットは、山口大学医学部により開発された特許技術で、(株)ブラケアジェネティクスが独占実施できる権利を山口大学から許諾されているものです。)

協定書にサインをする様子

協定書にサインをする様子

株式会社ブラケアジェネティクス 代表取締役社長 並木 幸久 氏

株式会社ブラケアジェネティクス 代表取締役社長 並木 幸久 氏

(左から)紙川氏、並木氏、本学学長、理事長

(左から)紙川氏、並木氏、本学学長、理事長

関連リンク