『子ども総合研究発表会』開催のお知らせ

2017.11.21

幼児を対象とした、保育学科幼児教育コースの卒業研究発表会「あつまれ!チビッコ!2017 子ども総合研究発表会」の開催をお知らせします。
生の舞台(人形劇・オペレッタ・舞踏劇・劇表現・ダンス)を通して、子ども達に「表現と想像の世界」の楽しさを感じていただきたいと思っています。是非、御来場ください。

日時 2017年11月25日(土)
【午前の部】10:30~12:00
【午後の部】13:30~14:30
場所 山口芸術短期大学 B棟 B300教室
入場料 無料
備考
  • 学内の駐車場をご利用ください。
  • 座布団などが必要であればご持参ください。

  • 内容【午前の部】

    ●人形劇『もりのせんたくやさん』

    森の動物たちに意地悪をしてしまうおおかみが、洗濯屋のおじさんの力を借りて、みんなと仲良く遊べるようになっていきます。人形の可愛らしさが伝わるように、動きや音声など演じ方を工夫します。
    人形劇の面白さを、生の舞台で味わってください。

    ●オペレッタ『白雪姫』

    ある国にとても歌声のきれいな女の子がいました。その子の名前は白雪姫。白雪姫の美しい声をいつも妬んでいた女王さまは、ついに彼女の声を奪ってしまいます。
    白雪姫は、はたして美しい歌声を取り戻すことができるのでしょうか?

    ●舞踏劇『みかちゃんと5つのつぼみ』

    芸術表現学科の学生たちと一緒に『みかちゃんと5つのつぼみ』という絵本を作りました。その絵本の世界をダンスや歌で楽しくお届けします。
    不思議なちょうちょの後を追って森の中に入ったみかちゃんはどんなものに出会うのしょうか。
    私たちと一緒に楽しい時間を過ごしましょう。

    ●劇表現『しょじょ寺の狸ばやし』

    ぽんぽこどろろんっ!昔々、山の奥にしょうじょう寺というボロボロのお寺がありました。そのお寺に住んでいるのは、なんと、いたずらタヌキ・・・!?次々と訪れる和尚たちは、タヌキのいたずらにてんてこ舞い。
    果たして、しょうじょう寺はどうなるのでしょうか。タヌキの腹鼓は日本一!


    内容【午後の部】

    ●オペレッタ『ヘンゼルとグレーテル』

    ある森のそばに貧しい夫婦とヘンゼルとグレーテルの兄弟が暮らしていました。
    この家族は食べるものもないくらい貧乏で、お母さんは子どもを森に捨てようと言い出しました。驚き戸惑うお父さんですが、仕方なく子どもたちを森に捨てて帰ります。二人はどうなってしまうのでしょうか。
    登場人物が歌う歌や音楽にもご注目ください。

    ●ダンス『園児と一緒に歌おう!踊ろう!』

    私たちは、保育園の一日をテーマとして、子どもたちにとってイメージしやすい場面設定で、歌ったり体を動かしたりします。先生と園児が、みんなの知っている歌や曲で楽しく笑顔で踊ります。
    私たちと一緒に身体を動かして楽しみましょう。

    ●劇表現『シンデレラ』

    今晩、お城で舞踏会が開かれます。シンデレラは継母と姉にいじわるをされて舞踏会に行けなくなってしまいますが、そこに魔法使いが現れて不思議な魔法をかけてくれます。かぼちゃの馬車やキラキラしたドレスなど、シンデレラの世界をお楽しみください。


    昨年度の様子 1

    昨年度の様子 1

    昨年度の様子 2

    昨年度の様子 2

    昨年度の様子 3

    昨年度の様子 3