芸術表現学科特別講義(青島広志氏「大作曲家の声楽曲」)のお知らせ

2018.01.11

芸術表現学科では、作曲家の青島広志氏をお招きして下記要領で特別講義を行います。
一般開講となりますので、皆さんもぜひご参加ください。

大作曲家の声楽曲
(ヘンデル・モーツァルト・ベートーヴェン・ロッシーニ・シューベルト・ヴェルディ・プッチーニ・滝廉太郎らの歌曲とアリア)

日時 2018年1月30日(火) 13:00~14:30
会場 山口芸術短期大学 A棟 A400教室
対象 一般公開
定員 100名(定員に達し次第、締め切ります。)
受講料 無料
その他 駐車場には限りがあります。
公共交通機関の利用をお願いします。
申込方法

下記の内容をコピー&ペーストし、必要事項をご記入の上、メールに貼りつけてこちらへ送信してください。
又は、下記内容を記載した用紙をFAX(083-972-4145)してください。

+++++++++++++++ここから+++++++++++++++

芸術表現学科特別講義(1/30 青島広志氏)参加申込
① 氏名
② フリガナ
③ 郵便番号
④ 住所
⑤ 連絡先電話番号
⑥ 同伴者人数
⑦ メールアドレス

+++++++++++++++ここまで+++++++++++++++

<お問い合わせ先>
山口芸術短期大学 芸術表現学科
Tel:083-972-2880 Fax:083-972-4145


青島 広志(講師・ピアノ)



小野 勉(テノール)
青島 広志(講師・ピアノ)

Profile

 1955 年東京生まれ。東京藝術大学および大学院修士課程を首席で修了し、修了作品のオペラ「黄金の国」(原作:遠藤周作)が同大図書館に購入され、過去 2 回の東京都芸術フェスティバル主催公演となる。作曲家としては「火の鳥」(原作︓手塚治虫)、「黒蜥蜴」(原作︓三島由紀夫)、管弦楽曲「その後のピーターと狼」、合唱曲「マザーグースの歌」、ミュージカル「11 ぴきのネコ」など、その作品は 200 曲を超える。ピアニスト・指揮者とし ての活動も 40 年を超え、最近ではコンサートやイベントのプ ロデュースも数多くこなしている。NHK「ゆかいなコンサート」 の初代監督を 8 年務め、現在も NHK ラジオ「みんなのコーラス」「高校音楽講座」にレギュラー出演のほか、テレビ朝日「題名のない音楽会」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」、TBS ラジオ「こども電話相談室」にも出演。著書に『モーツァルトに会いたく て』『青島広志でございます︕』『あなたも弾ける︕ピアノ曲ガイ ド』(学研プラス)、『やさしくわかる楽典』(日本実業出版社)、『作曲ノススメ』(音楽之友社)、『21 世紀こど もクラシック』(全 5 巻・小学館)、『音楽家ってフシギ』(東京書籍) 、『オペラ作曲家によるヘンなオペラ超入門』『作曲家の発想術』(ともに講談社)などがある。東京藝術大学、洗足学園音楽大学客員教授、日本現代音楽協会、作曲家協議会、東京室内歌劇場会員。


小野 勉(テノール)

Profile

 高校一年生の冬、とても可愛らしい先輩に誘われて、うっかり入ってしまった合唱部。これをきっかけに音楽の道を選ぶこととなる。レコード会社フォンテックに勤務。ディレクターとしてレコード、CD 制作に携わる。偶然にも青島広志氏に見出され、ソロ演奏活動を始める。東京オペラプロデュース公演「黄金の国」(青島広志 / 作曲)でオペラデビュー。2001 年第 12 回奏楽堂日本歌曲コンクール歌唱部門第 3 位入賞。その後脱サラしてプロのテノール歌手に転向する。童謡からオペラアリアまで幅広いレパートリーを持ち、アンサンブルからソリストまで多くの演奏会で活躍する。青島氏プロデユースの舞台に多数出演。手塚治虫原作「火の鳥」をはじめ、「ペールギュントの大冒険」「幸福な王子」「大好き︕ドラキュラ君」等がある。また、オーケストラとの共演も多く、東京交響楽団、シアターオーケストラ東京、大阪交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢、中部フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、静岡交響楽団、広島交響楽団、群馬交響楽団、神奈川フィルなどの公演に出演。さまざまな場所にその歌声を提供している。


関連リンク