教育・保育支援センター 第29回夏期講座を開催しました

2018.08.10

8月9日(木)、 山口学芸大学・山口芸術短期大学 教育・保育支援センターの主催で第29回夏期講座を開催しました。
この夏季講座は、現職の小学校・幼稚園・保育所の先生方を主な対象として、毎年8月に行っています。
今年度は「音楽」「造形」「英語」「体育」の4分野の講座から、受講者の興味に応じて2つを選択していただきました。

●音楽講座 【リズムであそぼう】
 坂本 久美子 先生(山口学芸大学 教授)
ボディーパーカッションを使ったリズム遊びを通してリズム表現の楽しさを体験したり、既成のあそびうたをより楽しくするアレンジ法を学んだりできる講座でした。

●造形講座 【絵遊び体験と、絵遊びに見られる子どもの表現】
 森下 嘉昭 先生(山口芸術短期大学 准教授)
水彩絵の具やコンテ・パステルを用いた絵遊び体験と合わせて、絵遊びの事例から子どもの表現を見取る視点についてお話いただきました。

●英語講座 【児童が楽しむ英語の授業】
 岩中 貴裕 先生(山口学芸大学 教授)
 英語の指導に悩む小学校の先生を対象に、英語の発音と「We Can!2」を用いた授業に焦点を当てた英語の指導方法をご紹介いただきました。

●体育講座 【器械運動の補助の仕方】【軽器具の使い方の指導】
 衣川 信直 先生(山口学芸大学・山口芸術短期大学 非常勤講師)
 子ども達に怪我をさせないこと、同時に技術を上達させるための補助の仕方、軽器具(なわとび等)の指導方法について、実技を交えながらお話いただきました。

音楽講座

音楽講座

造形講座

造形講座

英語講座

英語講座

体育講座

体育講座