<授業紹介>入浴・清拭・洗髪体験から学んだこと。

2015.06.24

介護福祉コース1年生「清潔保持介護技術演習」において、「機械浴」・「清拭」・「洗髪」体験を行いました。
機械浴では、「すごーい」とまず一声。
「気持ちいい」と満足そう。
しかし、出浴するときに体が重く感じたようでなんか嫌な感じだったとのこと。

清拭では、「末梢から中枢」と言いながら行いました。
しかし、ウオッシュクロスを作るのに、手間取りせっかくのタオルが冷たくなっていました。
「手早く」しないと・・・。

洗髪では、「あ、ごめん」と言いながら、「かゆいところはないですか」と声をかけて、しかし、なかなかすすぎに手間取っていました。
先にタオルで泡を拭いたのにね。

今回の演習で学んだ体験をとおして、実習では声かけに注意し、羞恥心への配慮を忘れることなく、利用者が「気持ちいい」と満足されるように頑張りましょうね。