Q&A

キャリアプランニングコースに関するよくあるご質問

受験生のみなさんからよく寄せられる質問をまとめてみました。

専門学校との違いは何ですか?
短期大学ならではの充実した教養教育と芸術教育により、自らの興味関心を生かして「主体的に学ぶ力」「自らの課題を発見し、解決する力」を身につけることができるのが最大の特色です。

「音楽や美術が好き!だけど卒業後は公務員・一般企業等への就職を目指したい!」という人が増えています。大好きな音楽や美術を学べる環境で、社会人・職業人としての基礎力の育成を重視し、地域社会で活躍できる人材を育てたいと考え、新カリキュラムを採用しました。卒業時には、学位「短期大学士」が授与されます。
音楽・美術が好きなので、「音楽コース/デザインアートコース」を選ぶか「キャリアプランニングコース」を選ぶか迷っています。
コース選択の決め手は「学びの中心分野」です。専門教育科目は、原則として各コースの中心分野から38単位以上修得することになりますから、音楽やデザインアートを専門的に学びたいのか、目指す進路に向けた学びに重点を置きたいのか、じっくり考えてみましょう。

なお、「音楽療法士(2種)」資格を取得するためには、音楽コースにおいて定められた科目の履修が必要となります。また、入試の選抜方法がコースによって一部異なります。(詳細は募集要項をご覧ください)オープンキャンパス、実技講習会等で個別相談も行いますので、ぜひご利用ください。
音楽・美術に興味がありますが、特別な実技指導を受けたことがないので、授業についていけるかどうか心配です。
キャリアプランニングコースでも、他コースの中心分野の授業履修が可能です。その際、特別な指導を受けたことがなくても、目指す分野に対する強い興味や関心があれば心配はいりません。本学科では、特に音楽・美術の基礎教育を重視しており、知識や技術を着実に学ぶことができます。また、少人数教育のメリットを生かし、一人ひとりの進度に応じた丁寧な指導を行い、疑問や知りたい点などがすぐに解決できるのも強みです。

なお、キャリアプランニングコースを希望する場合でも、実技講習会を受講することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。