特色ある資格・検定


本コースならではの、特色のある資格や検定を取得できます。

音楽療法士(2種)山口県唯一の養成校!

音楽療法とは、障害のある方や高齢者の表現や楽しみを音楽によって引きだし、生活の質の向上を目指すものです。山口県唯一の音楽療法士養成校である本学では、講義・演習・実習を相互に関連させたカリキュラムを基に、実習では現場に即した音楽活動を計画・実践します。相手の立場に立ったプログラミングや関わり方、楽しさを伝える表現方法などを体験しながら身につけていきます。

授業紹介

音楽療法演習

音楽療法演習

音・音楽を自己表現とコミュニケーションの手段として活用するための音楽療法技術を学びます。

音楽療法総合演習

音楽療法総合演習

音楽療法プログラムの立て方や、活動の展開方法、対象者とのかかわり方など、模擬セッションを通して体験的に学びます。


音楽療法実習

音楽療法実習

1年次から、音楽療法実施施設を訪問します。活動に参加し、対象者と直接かかわり合いながら音楽療法の目的・方法を学び、2年次の本実習に備えます。生活支援の実際も学び、実習後には学んだ内容を記録としてまとめます。自ら課題を見出し、解決していくプロセスを重視した指導を行っています。


関連科目
  • 音楽療法概論
  • 音楽療法演習Ⅰ~Ⅳ
  • 音楽療法総合演習Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽療法実習前後指導
  • 音楽療法実習
  • 社会福祉概論
  • 医学一般
  • 教育原理Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽科教育法
  • 老人の心理
  • 障害者の心理  など

グレード

ヤマハグレード(演奏・指導)5~3級、カワイグレード(演奏・指導)6~3級など、音楽教室の講師に必要な各メーカーの指導者グレードに対応した指導を行います。特に実技試験に対応した「即興グレード」と、筆記試験に対応した「指導グレード」では、理論と実習を交えた本学独自のプログラムで確かな力を養っていきます。

授業紹介

即興グレード

即興グレード

即興演奏(変奏・モチーフ)、伴奏づけ、移調奏など、即興演奏の要素と手法を、理論と実習の両面から学習します。

指導グレード

指導グレード

楽典、コード進行法、和声、作編曲など、指導グレードの筆記試験や実技試験に対応した指導を行い、必要な知識と技術を身につけます。

関連科目
  • 即興グレードⅠ~Ⅳ
  • 指導グレードⅠ・Ⅱ
  • ソルフェージュⅠ・Ⅱ
  • 音楽理論
  • 和声学
  • 作編曲法
  • 音楽形式論
  • 指揮法
  • 伴奏法 など

レクリエーション・インストラクター(財団法人日本レクリエーション協会)

レクリエーション・インストラクター(財団法人日本レクリエーション協会)

あそびを通して集団をリードする力を身につけ、地域で活躍することができる資格です。講義・実技・実習で知識と技術を学び、地域のレクリエーションやイベント、福祉の現場、生涯スポーツの分野など、さまざまな現場でレクリエーションの支援者として活躍できます。

関連科目
  • レクリエーション理論
  • レクリエーション実技
  • レクリエーション現場実習