時間割例


1年前期

介護福祉士の役割やコミュニケーションの重要性を知り、その基礎を身につけます。

介護の基本 A-1 造形 I 社会の理解 A 介護の基本 A-2 介護実習指導 I
清潔保持
介護技術
英語
コミュニケーション
介護
コミュニケーション技術 A
こころとからだのしくみ I-1 自然科学
音楽 I 移動介護技術 発達と老化の理解 I
(隔週)
人間の尊厳と自立
(隔週)
文書表現基礎 排泄介護技術
(隔週)
清潔保持介護技術
(隔週)
情報処理 食事介護技術 こころとからだのしくみ I-2
10

在学生の声

升國 蘭生さん

升國 蘭生さん

三次高校出身

きめ細かな指導が夢の実現へと後押ししてくれる

芸短は少人数制で先生と学生の距離が近く、先生への質問や仲間との意見交換がしやすい環境が魅力です。さまざまな現場で実習できるのもいい所です。1年前期は夏休みの実習に向けて基礎知識を身につけます。目標は、相手の意見を尊重しつつ、寄り添える介護福祉士です。

1年後期

1年前期の学びを深め、より実践的な力を高めていきます。

介護
コミュニケーション技術 B
介護過程演習 I B-2 障害の理解 I 発達と老化の理解 II 介護実習指導 II
介護過程演習 I B-1 音楽 II 生活と福祉 こころとからだのしくみ II-1
造形 II 介護過程演習 I A 介護の基本B 環境整備技術
(隔週)
認知症ケア論 I
(隔週)
生活文化学 整容介護技術 こころとからだのしくみ II-2
10

在学生の声

木橋 優子さん

木橋 優子さん

山口農業高校出身

介護福祉士に向かって日々努力の積み重ね!

1年の後期は授業、実習ともにさらに深いものになります。そのため毎日の復習がますます大切になります。また、目指す介護福祉士像が徐々に明確になるため、より前向きに日々の学習に取り組めるようになります。

2年前期

将来を見据えて就職への意識を高め、実践を通して介護力を磨いていきます。

社会の理解B 介護
レクリエーション理論
介護の基本C
(4月・7月開講)
介護の基本C
法学 介護実習指導 III
介護の研究 I 介護過程演習 II B 障害の理解 II
(4月・7月開講)
文書表現基礎 認知症ケア論 II
介護過程演習 II A
(隔週)
家事援助技術
10

在学生の声

桑原 萌さん

桑原 萌さん

新南陽高校出身

常にステップアップ!介護は魅力的な仕事です

グループワークを行って発表する授業では、創意工夫はもちろん、メンバーで協力して時間内に完成させることも重要となります。介護という仕事は、自分自身も常に成長し続けられる魅力的な職業だな、と日々感じています。

2年後期

卒業後の"プロとしての自分"をイメージしながら、2年間の総まとめをします。

介護過程演習 III 介護入門セミナー 介護
レクリエーション実技
介護実習指導 IV
介護の研究 II 自立支援技術 対人援助論 介護総論
(隔週)
ターミナル介護技術
体育(実技) 社会保障論
体育(講義)
10

在学生の声

佃 貴亮さん

佃 貴亮さん

野田学園高校出身

いろいろな資格を取り、人の役に立つ仕事をしたい!

現在の目標は介護福祉士の資格取得。そこから幅を広げていろいろな資格を取り、将来は人の役に立つ仕事をしたいです。芸短は、利用者への理解を深めるため、実習が多数あります。現場で学んだたくさんのことを職場で活かしていきたいです。


<注意> 校時:1コマ45分とし、2コマ続きの授業が基本となります。

時限 時刻
1 9:00~9:45
2 9:45~10:30
3 10:40~11:25
4 11:25~12:10
昼休 12:10~13:00
時限 時刻
5 13:00~14:45
6 13:45~14:30
7 14:40~15:25
8 15:25~16:10
9 16:20~17:05
10 17:05~17:50