カリキュラム

img

実習を柱とした実践重視の保育者養成カリキュラム

  • 授業で学んだ知識や技術を確認し、新たな課題を発見するために多くの保育・福祉現場での実習を設定しています。 
  • 表現力やコミュニケーション力を向上させるために、表現系科目(音楽・造形・言葉・身体など)が充実しています。 
  • 子どもや保育について幅広く学ぶために、「保育者入門セミナー」「子ども文化演習」「子どもあそび演習」「子ども総合研究」など、本学独自の特色ある科目を開講しています。
学びの内容 1年次 2年次





教養を身に付け、表現力やコミュニケーション力を向上させます。

教養教育科目とは、現代社会を生きる上で必要な基本的な知識や技能を身につけるための科目です。
  • 郷土史(2)
  • 生活と福祉(2)
  • 情報処理(2)
  • 文書表現基礎(2)
  • 英語コミュニケーション(2)
  • 体育(実技)(1)
  • 日本国憲法(2)
  • 現代社会考察(2)
  • 進路研究(2)
  • 英語(2)
  • 体育(交互)(1)





実習重視の保育者育成カリキュラムで現場での実践力を身につけます。

授業で学んだ知識や技術を確認し、新たな課題を発見するために多くの保育・福祉現場での実習を行っています。表現力やコミュニケーション力を向上させるため、表現系科目が充実しています。特に音楽や造形の授業多数開講し、2年間を通して保育現場に必要な力を身に付けることができます。保育者をめざす学生の学ぶ意欲に応えるカリキュラムとなっています。
  • 保育者入門セミナー(1)
  • 保育者入門セミナーⅡ(1)
  • 保育原理(2)
  • 教育原理Ⅰ(1)
  • 教育原理Ⅱ(1)
  • 子ども家庭福祉(2)
  • 社会福祉(2)
  • 保育者論(2)
  • 教育心理(2)
  • 保育の心理学(2)
  • 子ども家庭支援の心理学(2)
  • 子どもの保健(2)
  • 子ども家庭支援論(2)
  • 教育課程論・保育の計画と評価(2)
  • 人間関係の指導法(1)
  • 言葉の指導法(1)
  • 表現の指導法(音楽Ⅰ)(1)
  • 表現の指導法(音楽Ⅱ)(1)
  • 表現の指導法(造形Ⅰ)(1)
  • 表現の指導法(造形Ⅱ)(1)
  • 乳児保育Ⅰ(2)
  • 乳児保育Ⅱ(1)
  • 保育内容の理解と方法・音楽Ⅰ(1)
  • 保育内容の理解と方法・音楽Ⅱ(1)
  • 保育内容の理解と方法・造形Ⅰ(1)
  • 保育内容の理解と方法・造形Ⅱ(1)
  • 保育内容の理解と方法・身体表現(1)
  • 保育内容の理解と方法・言葉(1)
  • 音楽基礎(1)
  • 保育ピアノⅠ(1)
  • 保育ピアノⅡ(1)
  • 保育実習指導Ⅰ(-)
  • 子育て支援(1)
  • 社会的養護Ⅰ(2)
  • 子どもの理解と援助(1)
  • 子どもの健康と安全(1)
  • 子どもの食と栄養(2)
  • 保育内容総論(1)
  • 健康の指導法(1)
  • 環境の指導法(1)
  • 表現の指導法(造形Ⅲ)(1)
  • 表現の指導法(造形Ⅳ)(1)
  • 保育方法論(2)
  • 保育リトミックⅠ(1)
  • 保育リトミックⅡ(1)
  • 障害児保育Ⅰ(1)
  • 障害児保育Ⅱ(1)
  • 特別支援教育概論(1)
  • 社会的養護Ⅱ(1)
  • 幼児理解と教育相談(2)
  • 保育内容の理解と方法・音楽Ⅲ(1)
  • 保育内容の理解と方法・音楽Ⅳ(1)
  • 保育内容の理解と方法・造形Ⅲ(1)
  • 保育内容の理解と方法・造形Ⅳ(1)
  • 保育ピアノⅢ(1)
  • 保育ピアノⅣ(1)
  • 子ども総合研究Ⅰ(2)
  • 子ども総合研究Ⅱ(2)
  • 保育実習指導Ⅰ(2)
  • 保育実習Ⅰ(4)
  • 保育実習指導Ⅱ(1)
  • 保育実習Ⅱ(2)
  • 保育実習指導Ⅲ(1)
  • 保育実習Ⅲ(2)
  • 教育実習指導(1)
  • 教育実習(4)
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)(2)

※カリキュラム表は2019年のものです。
2020年度は一部変更される場合があります。( )内は単位数。

【卒業までに必要な単位数】

計62単位以上

←教養教育科目10単位以上(外国語2単位含む)
←専門教育科目46単位以上(保育士資格や幼稚園免許を取得するには、約70単位が必要です。)

取得できる学位:短期大学士(幼児教育)