介護の研究 《第4報》

2012.06.25

4月からスタートしたサロン活動は、各サロンともに2回目の活動を終えました。

6月21日(木)、防府市の「石が口桑松会」での活動の様子です。
石が口自治会館周辺の清掃活動を一緒に行った後、ヨガを行いました。
緩やかな音楽が流れるなか、ゆったりとした呼吸で身体を動かします。
清掃活動で疲れた身体を癒す時間になったでしょうか。

防府6月 006.jpg

学内での園芸の成果を発揮する場面でしたが、教わることばかりです。


防府6月 059.jpg

覚えたてのヨガ。人に教えることの難しさも学びました。


防府6月 078.jpg

「明日からやってみよう」という参加者の方の言葉が嬉しかったです。



6月21日(木)は、宇部市大字芦河内の「どんぐり」でも活動を行いました。
こちらでは、一緒にお昼ご飯を作ったあとに、押し花を使ったうちわを制作しました。
自然の花を利用しているため、押し花も一つひとつ異なります。
それをうまく利用した、個性豊かな作品が完成しました。

DSCF0186.JPG

DSCF0183.JPG

みなさん、思い思いの押し花を選び、配置していただきました。
完成した作品は、7月のサロン活動の時にお渡しします。
 
 
 
6月24日(日)、山口市小鯖の「友和会」での活動です。
あいにくの雨で、当初予定されていた子ども会と合同のさつまいもの植え付けは行えませんでした。
小雨が降りしきるなか、男性の方々は苗の植え付け。
学生は、女性の方たちと一緒にペパバックの制作を行いました。
外での活動ができなかったことは残念でしたが、一緒にゆったりとした時間を過ごさせていただき、楽しかったです。

小鯖6月 011.jpg

ペパバックの制作指導もだいぶん慣れてきました。


小鯖6月 031.jpg

それでも毎回、個性的な作品が出来上がるところが、ペパバックの面白さです。


小鯖6月 039.jpg

写真を撮る間がないほどあっという間に、カレーを平らげてしまいました。
ごちそうさまでした。