<特別講義>『リハビリテーションとは』

2012.06.28

平成24年6月25日(月)13:00~16:10 介護福祉コース1年の特別講義が行われました。
講師は山口・コメディカル学院作業療法学科 村上泉先生。
内容は、「リハビリテーションとは?」「国際生活機能分類について」でした。

講義の途中で、「リンゴの皮をむいてみて」といきなり指名された男子学生2名。
経験の差がありましたが、これは、「行為動作」として1動作目と2動作目の違いを見るものでした。
また、その人の想いを知るためにかかわりをもつことの重要性を学びました。

DSCF3104.jpg


DSCF3111.jpg

折り紙で鶴を片手(利き手でない方)で折りました。
手伝ってほしいと伝えること、手伝ってほしいと利用者が思っていることを感じることの学びでした。
「手伝って」と言いたくないと頑張った学生は利用者の想いに近づけたでしょうか。


学生の声:
リハビリテーションを漠然として理解していたところがありましたが、漠然としたところを埋めることができました。(穐山)