<実習>2年生の実習が始まります

2013.05.13

5月1日から6月26日までの毎週水曜日、計9回にわたって利用者の方とのコミュニケーションを学ぶ実習に臨みます。
実習場所は、訪問介護事業所・ケアハウス・障害者支援施設です。


DSCF5744.JPG

実習が始まる前に、「歌本」を作成しました。
季節ごとに80曲選び、一曲ごとに思い思いの絵を描きました。


介護実習ⅠD:大.JPG

絵を描きながら、いろんな会話が弾んでいました。
 
 「夏の思い出」では、「水芭蕉の花ってどんな花?」
 「花」では、「レンゲって?」
 「ペチカ」では、「ペチカって暖炉なの?」「煙突があってサンタが下りてくるところ?」
 「てんとう虫のサンバ」では、「てんとう虫は・・・」

生活を支える介護福祉士、もっともっと勉強が必要かも?


今回の実習の目的の一つに、高齢者や障がい者とコミュニケーションを図り、相手の想いをしっかりと読みとって、どのように支援すればよいかを学ぶことがあります。
この「歌本」がコミュニケーションに役立ち、実り多き実習になるように願っています。

今後の実習での学びは、次回のブログで紹介しますね。