<卒業研究>事例研究&介護の研究発表会

2015.03.04

平成27年1月29日、介護福祉コースの集大成としての発表会が行われました。

はじめに、実習で担当した利用者に対して、情報収集、アセスメント、課題の抽出、計画立案、実施、評価した過程に沿って、関わった経緯の中から学んだことを発表しました。「信頼関係」、「個別ケア」などの介護のキーワードについて、実践を通して確認し、理解できたようです。

次に、介護の研究では、時代的背景や文化を学び、共有することを目的として1年かけて調査、実践から学んだことを発表しました。緊張しつつも一生懸命発表する姿に、学生たちの成長ぶりを感じられました。

これから介護福祉士としてそれぞれの職場で働きますが、この研究で得た学びを活かして利用者と関わってほしいです。

頑張ってね。