<授業紹介>足浴を体験しました。

2015.06.05

平成27年5月25日(月)清潔保持介護技術の時間に一年生が「足浴」を体験しました。

利用者は、右片麻痺および失語症という設定で、まず「どの位置から声を掛けるか」ということから始まります。
挨拶、同意、安全確認、物品準備と流れに沿って行っていきました。

「どちら側の足から足浴器に入れますか。」
「どちら側の足から洗いますか。」
それぞれ根拠があり、それを学びながらの演習でしたので、「気持ちいいですか」という声かけは余裕がなくできず、一生懸命手順をこなしてしました。

実習では利用者に声かけができるように願っています。