<授業紹介>車いす体験(応用編)

2015.07.22

車いす体験(応用編)
介護福祉コース1年生は実習を前に「車いす体験 (応用編)」を学びました。
段差ではスロープを利用して上がったり下りたり、階段では4人で車いすごと上がったり下りたりしました。

とにかく不安からか大きな声が出ていました。

終了後、
段差は上がるときは腕の力が必要だが、降りるときは自分の体で支えたらよいとか、
階段は4人のメンバーが力を合わせることが必要、
また、車いすに乗っている人の状態を知っておくことが必要、等々の意見がでました。

利用者の不安を軽減できるような関わり方が必要だということはわかったようです。
実習頑張ってください。