同行援護従業者研修-2(応用)

2015.10.26

9月末より始まっていた同行援護従業者研修も10月24日の「交通機関の利用」で終了です。

電車とバスを利用して実技を学びました。

電車で上郷駅から新山口駅へ、止まっている電車を利用して電車の乗り降りを練習し、その後、防長バスで学校までの演習で
「電車に乗るのにホームと電車の間が空いているのが怖かった」
「エスカレーターがゆっくり動いていたので乗りやすかった」
「バスの運転手さんがいろいろと優しく放送してくれたのがよかった」等等。

しかし、驚いたのは新山口駅が新しくなっていたこと、戸惑いも多かったです。

ガイドしていく中で、自分が周りの様子を知らないと戸惑い、ガイドしにくいと学びました。

新山口駅や防長バスをはじめ、新山口駅やバスを利用の地域住民の方にもご迷惑をおかけしました。いろいろとありがとうございました。