ADL技術を学んでいます

2018.06.15

ADLとは「Activity of Daily Living」の略で、食事や排泄、入浴や整容、移動などといったような、私たちが日常生活の中でごく当たり前に行っている習慣的行動のことです。
4月から知識を学び、5月中旬より、技術の習得を行っています。

排泄・清潔保持介護技術の授業で一年生が「足浴」「ポータブルトイレ移乗」を体験しました。

まず、どの位置から声を掛けますか。
挨拶、同意、安全確認、物品準備と流れに沿って行っていきました。

片麻痺の場合、どちら側の足から足浴器に入れますか。どちら側の足から洗いますか。それぞれ根拠を学びながらの演習でしたので、「気持ちいいですか」という声かけは余裕がなくできず、一生懸命手順をこなしてしました。

実習では利用者に声かけをしつつ実践できるように願っています。