保育学科

保育学科

実習を柱とした実践重視のカリキュラムで、
真に必要とされる保育者をめざします。

人間形成の基礎が培われる乳幼児期。この時期にどんな体験をするか、どんな人とふれあうかによって、子どもたちの将来が大きく左右されます。保育学科では、系統立てた実習や音楽・造形などの芸術系授業を中心とした学びにより、保育に関する専門知識や技術だけでなく、豊かな感性や人間性を磨くとともに、コミュニケーション能力や表現力を身につけ、保育の現場から真に必要とされる保育士・幼稚園教諭を育てていきます。

img img img img

保育学科紹介動画

学びのポイント

イメージ1

芸術を基盤とした保育の知識・技能を育成

音楽、造形、身体表現や劇的表現などの芸術分野は、子どもの遊びに直結しています。
充実した芸術系科目を通して豊かな感性や知識・技能を身につけるとともに、子どもの多様性を受容し援助する姿勢を養います。

イメージ2

段階に応じた学びのカリキュラムで実践的な力を蓄積

2年間のカリキュラムでは実習を軸として、子どもと関わる機会を重視します。授業と保育現場で課題把握と実践を繰り返し効果的に実践力を身につけられるようにしています。またリトミック(資格取得可能)や公務員試験対策講座も開講されています。

イメージ3

専門職への高い就職率は保育現場からの厚い信頼の証

本学では、例年高い就職率を維持しています。また、入学者のほとんどが保育専門職への就職を果たしています。
同じ道を志す仲間とともに、助け合い、励まし合いながら、免許・資格をめざすという風土が、ここにはあります。

2年間の学びのステップ

2年間の学びのステップ

※2年次8・9月の本実習は、保育所・施設、各10日あります。 見学実習 本実習

見学実習
子どもに対する初歩的理解と保育の仕事の大切さを知るための本学独自の実習です。
本実習
国が免許・資格取得に必要と定める実習です。指導案を立案・実践し、その反省をもとに保育力量を高めます。

教育目標

教育目標

保育者養成機関として、子どもたちの健全な成長発達を促すために正しい子ども観を基盤にした保育に関する専門的知識・技術を具えると共に、芸術的表現力、指導力をもった保育者の育成をめざします。また、今日では保育機関や保育者の役割も多様化し、乳幼児に対する保育だけでなく、保護者に対する育児相談、地域の子育て支援などの能力が求められています。こうした時代の変化に対応した社会的ニーズにこたえられ、保育現場や社会から信頼され、求められる保育者の養成を目標としています。

取得可能な免許・資格

  • 幼稚園教諭二種免許状
  • 保育士資格
  • 幼稚園・保育園のためのリトミック指導資格1級
  • 幼稚園・保育園のためのリトミック指導資格2級
  • 社会福祉主事任用資格(実際に採用され、業務に就いたときに初めて社会福祉主事と名乗ることができます)

取得できる学位

  • 短期大学士(幼児教育)

こんな学生を待っています〈アドミッション・ポリシー〉

  • 組織や集団に、主体的かつ協調的に参加する意思のある人
  • 文章力を含む基礎的な学力があり、幅広い表現力を身につけたい人
  • 保育の仕事の重要性を理解し、専門的知識や技能を身につける意欲のある人

よくあるご質問(Q&A)

受験生のみなさんからよく寄せられる質問をまとめてみました。

幼稚園と保育所は何が違うのですか?
幼稚園は、満3歳から小学校に入る前の子どもを対象として保育(教育と養護)を行うところです。幼稚園で働くには、幼稚園教諭の免許が必要です。保育所は、0歳から小学校に入る前の子どもが対象です。保育所で働くには、保育士資格が必要となります。

なお、保育士の資格を持っていると、乳児院、児童養護施設、知的障害児施設といった施設で働くこともできます。